読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『テレビでは言えない大相撲観戦の極意』向正面の舞の海さん、教えてください!

NHKの大相撲解説でおなじみ、現役時代は「技のデパート」と呼ばれた舞の海秀平氏による相撲観戦ガイドである。

相撲の勝敗は見れば誰でもわかる(土俵を割るか、足の裏が地面につくか)。とはいえ相撲のテレビ中継を見たとき、ふと気になったこと、わからない用語、意味不明なしきたりを見聞きすることも案外多い。本書はそのような一般視聴者が疑問に思うようなことを、舞の海さんらしいやさしい語り口で説明してくれる。

たとえばテレビでよく聞く相撲用語。「かいなが返る」「がっぷり四つ」「がぶる」「左四つ」「右四つ」「かっぱじく」などを取り上げ、「がっぷり四つ」の説明では、「両者ががっちりと組み合い、互いのまわしを取ることを言います。(中略)がっぷり四つの状態では、相手を引きつける力が強かったり、相手の下手や上手を切る技術が優れている力士のほうが次の展開へ優位に運べます。ちなみに、私は体が小さく、パワーで勝負するタイプではなかったので、現役時代にがっぷり四つで組んだ経験は一度もありません」というように、本人のエピソードも交えてくれるので、こちらの理解が一段と進む。

すこしユニークなところでは力士の懐事情も紹介している。力士は十両以上の関取にならない限り月給はないそうだ。幕下以下は「養成員場所手当」が場所ごとに支払われ、幕下は15万円、三段目は10万円、序二段は8万円、序ノ口は7万円という。ちなみに関取になると、十両は103万6千円、平幕は130万9千円、三役が169万3千円、大関が234万7千円、横綱が282万円と番付とともに月給は上昇していく。

他にも興味深いトピックが数多く展開されている。一部抜粋すると、「日本人力士の有望株は誰か?」「しこ名は期待値を表す?」「知っていて得する相撲用語」「知られざる相撲部屋の系譜」「白鵬は親方になれない!?」「八百長相撲と人情相撲は違うのか」「懸賞は誰でもかけられるのか」などなど、現在も北の富士さんと二人だけでNHK専属解説者を務める舞の海さんだからこそ語れるエピソードが満載だ。興味のある方は手にとってみてはいかがだろうか。

『建築案内@東京』東京の今を感じれる場所

建築案内@東京

建築案内@東京

 

「東京の日常」を味わえる選りすぐりの場所を集めた本だ。とはいえ観光名所や一過性の話題スポットの寄せ集めではない。地元の生活者からも、観光客などの訪問者からも愛される彼らの「よりどころ」となるような場所。具体的には商業施設や都市公園、カフェやレストラン、ホテルやホステルがメインである。本書ではそれらを「パブリックプレイス」と呼んでいる。

一部を紹介しよう。東京ステーションシティ、大手町の森、東急プラザ銀座、CORED 日本橋アネックス広場、南池袋公園、浅草文化観光センター、代々木VILLAGE by kurkku、根津美術館CASCADE HARAJUKU、東京ガーデンテラス紀尾井町2k540 AKI-OKA ARTISAN、3331 Arts Chiyoda、マーチエキュート 神田万世橋、la kagu、虎ノ門ヒルズ二子玉川ライズ・・・・

書き出していくと一貫性がないようにも見えるが、冒頭で述べた本書のパブリックプレイスの定義に照らすと納得できるかもしれない。このように、いわゆる一般的な東京街歩き本とやや趣きが異なる点がとても面白い。また、案内一つひとつに設計者と運営者が添えられている点も嬉しい。たとえば東京ステーションシティなら設計者がジェイアール東日本建築設計事務所日建設計、運営者が東日本旅客鉄道といった具合だ。この辺は本書の発行元が日経BP社、編集が日経アーキテクチュアならではという気がした。

『スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える』人間拡張工学から目が離せない

スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える (NHK出版新書 480)

スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える (NHK出版新書 480)

 

スーパーヒューマン。空を飛び、光のような速さで走り、目から熱線を放射し、驚異的な視力を持ち、怪力を発揮する。アニメやSFだけに生きる空想上のキャラクター。そんなスーパーヒューマンが最新テクノロジーによって現実世界に誕生する日がまもなくやってくる。まもなくやってくるという表現は間違っているかもしれない。部分的な技術に限ると人間がスーパーヒューマン的な能力を一部獲得し、それを活用している事例はすでに数多く存在しているのだ。

たとえば、腰や脚部に装着することで重たい荷物の持ち運びをアシストするパワードスーツ、筋肉の電気信号や筋運動による皮膚表面の変化を読みとる従来タイプとは異なる電動義手、「グーグルグラス」や「アップルウォッチ」のようなウェアラブルコンピューター、ヘッドマウントディスプレイなどに代表されるVR技術などがイメージしやすいかもしれない。ちなみに近年これらが一気に進化を遂げたのは、センサーや信号処理技術の飛躍的向上によるところが大きいという。

このように、本書は人間を超える人間の姿、すなわちスーパーヒューマンへの進化を人間拡張工学によっていかに実現させていくかをテーマにしている。ちなみに人間拡張工学とは、人間にもともと備わっていた運動や感覚、知的処理機能をテクノロジーによって物理的、情報的に拡張していこうという研究領域を指している。

今後も情報技術、VR技術、機械技術、ネットワーク技術、すべてのテクノロジーは進化を続けるだろう。それらを総動員して人間拡張工学に応用したとき、どれくらい完全なスーパーヒューマンに人間は近づくことができるのか。人間拡張工学、要注目である。

『世界一やさしい 経済の教科書 1年生』経済ニュースが楽しくなる

素晴らしくわかりやすかった。この手の経済入門書は今まで何冊か読んだが、個人的にこれがダントツだと思う。経済の入門書ということで、「GDP」「需要と供給」「信用創造」「円高と円安」「インフレとデフレ」といったおなじみの経済用語の説明はもちろんある。ただ本書だけでなく、類書もそうであるように、大学の講義のような無味乾燥な説明ではなく、あくまでわかりやすい語り口で本質だけをシンプルに説明してくれる。

雑談的な内容にも興味を引かれた。たとえば、貨幣にまつわる章では「電子マネー」や「仮想通貨」を取り上げ、お金の未来を考察し、GDPや給料にまつわる章では「IoT(Internet of Things)」を取り上げ、今後のAI化やロボット化の影響を見越して雇用と労働の意義を読者に問いかける。また雑談ではないが、景気にまつわる章では、景気動向の予測に日経新聞の「景気指標面」を活用せよと、その指標の見方や関連付け方を伝授する箇所もあって、非常に読み応えがあった。

このように、経済と密接な最新トピックや経済の理解力を高めるような具体的な方法を述べている点において、初心者向けとはいえ、類書とはひと味違った内容に厚みのある入門書に仕上がっていると思う。

『宇宙エレベーター その実現性を探る』気軽に宇宙に行ける日はくるか

宇宙エレベーター その実現性を探る(祥伝社新書)

宇宙エレベーター その実現性を探る(祥伝社新書)

 

エレベーターと同じようにケーブルを使って宇宙に行くというアイディアがある。「宇宙エレベーター」と呼ばれるもので、一度はSFやアニメで目にした人も多いかもしれない。簡単にしくみを説明すると、宇宙エレベーターはケーブル、クライマー、海上ステーション、静止軌道ステーションから構成されている。鉄道に例えると、ケーブルがレール、クライマーが車両、海上ステーションや静止軌道ステーションが駅に相当する。

ところで、宇宙エレベーターの実現性については、「10年後」「50年後」「そもそも実現は不可能だ」など、意見はさまざまに分かれている。ケーブルの材料とクライマーの動力源という2つが、実現を阻む大きな壁として研究者を悩ませ続けてきたからだ。

しかし、ケーブルにはカーボンナノチューブが、動力源にはマイクロ波による無線電力伝送やレーザーによるエネルギー伝送が、それらの壁を破れるのではないかと期待されている。とはいえ、まだまだ実現に向けたハードルは高い。たとえば宇宙エレベーターのケーブルの長さにするには、10万キロにする必要があるものの、現在のカーボンナノチューブは最長数センチにしかできないという。他にも、スペースデブリ、海上ステーションや静止軌道ステーションの制御、宇宙空間の法律や安全保障など課題は尽きない。それでも、地道な実証実験や新しい技術のブレイクスルーによって乗り越えられるはずだと著者は期待を寄せている。

このように本書は、可能性を秘めた最新テクノロジー、実現を阻む技術的・法律的な壁、それらを突破するために必要な事を網羅して、宇宙エレベーターの実現性をさまざまな角度から検証している。また宇宙エレベーターの最前線についても、CSRの一環として宇宙エレベーター構想を立ち上げた大林組JAXA宇宙航空研究開発機構)やJAMSS(有人宇宙システム株式会社)といった関係者にインタビューを行っている。まさに宇宙エレベーターの入門書として最適ではないだろうか。

『1493 世界を変えた大陸間の「交換」』世界の成り立ちを知る

1493――世界を変えた大陸間の「交換」

1493――世界を変えた大陸間の「交換」

 

グローバル化という言葉をよく耳にする。Wikipediaによると「社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域などの境界を越えて、地球規模に拡大して様々な変化を引き起こす現象」を指すようだ。

そのグローバル化とは近年始まった現象ではない。1492年にコロンブスが大西洋を渡り、最初にアメリカ大陸に到達したのがすべての始まりだった。それをきっかけに1493年以後、ユーラシア大陸とアメリカ大陸、アフリカ大陸のあいだで生物と文化の交換(=コロンブス交換)が盛んになった。グローバル化とはちょうどその時期に始まった現象であり、コロンブス交換こそがグローバリズムの触媒だったというのが本書の趣旨である。

著者のチャールズ・C・マンは、コロンブス交換によってとくに影響を受けた地域、生物、資源に焦点をあて、各地で起きた変化を詳述していく。たとえば対象となる生物や資源として、タバコ、銀、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシ、グアノ(鳥糞石)、ゴムノキ、マラリア原虫、黄熱ウイルスなどを取り上げている。

ちなみに、コロンブス交換の恩恵にあずかったのは為政者や当時の先進国のごく一部で、直接関わった人の多くは耐え難い苦しみを味わっていた。おもにコロンブス交換から派生した疫病、飢饉、為政者による搾取、虐待などが影響している。本書はこうした人々の苦闘の歴史も追っている。

1493年以後、世界は絶え間ない交流によって、ときには衝突と混乱を引き起こしながら、生態系は変容を遂げ、経済的な結びつきを深め、世界規模でグローバル化が進行した。すべてはコロンブス交換の産物だったのだ。その意味でコロンブスは新世界を「発見」した人物ではなく、新しい世界を「創り出した」人物として記憶されるべきかもしれない。

『盆栽 BONSAI 』美しい名品 一挙公開

盆栽の入門書である。文庫というコンパクトなサイズながら、盆栽の歴史、名木のカラー図版も豊富で、内容がとても充実している。

ところで、一般的に盆栽は老人の趣味としてイメージされているかもしれない。しかし個人的に以前から興味をもっていた。鉢の上という限られた空間で樹木を育て、時間をかけて一つの景色を創り出すところに特に魅力を感じる。

そんな盆栽だが、現在大きく2つのジャンルがあるらしい。「松柏盆栽(しょうはくぼんさい)」と「雑木盆栽(ぞうきぼんさい)」である。松柏とは、松や檜のような常用針葉樹の総称であり、雑木類にくらべて生命力が強いため、樹齢を重ねた古木が多く、盆栽界の中心となっている。一方、雑木は松柏とは異なり、その大部分が落葉樹系の樹木である。四季に応じて芽吹きや紅葉といった変化が楽しめる点が特徴だ。

上述のような初心者向けの説明ももちろん参考になるが、やはり本書のイチバンの魅力はなんといっても、歴史に残る松柏盆栽や雑木盆栽の名品をカラー図版でたっぷり紹介している点だろう。パラパラとページを繰るだけでも、盆栽の名品が次々と目に飛び込み、その美しさに思わずため息が漏れる(ちなみに全190ページ中、100ページ近くがカラー図版である)盆栽に興味がある人もない人も楽しめそうな一冊である。