ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『戦争の物理学―弓矢から水爆まで兵器はいかに生みだされたか』科学書のような歴史書

戦争の物理学―弓矢から水爆まで兵器はいかに生みだされたか

戦争の物理学―弓矢から水爆まで兵器はいかに生みだされたか

 

古代の戦争から第二次世界大戦、さらには近年のドローン(無人飛行機)まで「兵器」と見なせるすべてを物理法則に照らしながら解説してみせる。一見専門的な書物にもみえるが、数式を極力はぶいた簡単な言葉で説明してくれるので心配はいらない。

内容は物語仕立てで、とくに冒頭のカデシュの戦いから中世の戦争、そしてガリレオニュートンが登場し、産業革命やナポレオンの時代を経るあたりは、まるで歴史書を読んでいる感覚だった。