読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『ヒットの崩壊』音楽マーケットの実情をあぶり出す

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

 

音楽業界の今を知りたければ本書にあたれば間違いない。内容としては、音楽業界の変遷、ヒットチャートの変化、音楽ソフト市場の縮小、それに代わる音楽ライブ市場の拡大、世界全体の音楽産業の潮流、その先行きなどに対する考察がメインである。

著者は現場最前線の関係者(ミュージシャン、レーベル、プロダクション、テレビ、ヒットチャート、カラオケ)への綿密な取材から吸い上げた情報をベースとして、さらに自身の音楽ジャーナリストとして培ってきた知見をまじえつつ話を展開する。なので説得力も充分にある。これで237ページ、800円(税抜)はどう考えても買いだ。

一番印象に残った内容は、音楽業界の「ヒットの方程式」に変化が見られる、ということである。具体的にいうと、2010年前後からマスメディアへの大量露出を仕掛けてブームを作り出す、という手法が通用しにくくなったことを指す。そしてソーシャルメディアの普及と合わせるように、いわゆる「ヒット曲」というものが生まれにくくなった。生まれたとしてもそれは局所的に生じるケースがほとんどで、これまでの「ヒット曲」とはすこし様子が違い、「CDがたくさん売れること」と「曲が流行っていること」が必ずしもイコールではなくなったと著者は指摘する。

たしかに言われてみればそうかもしれない。たとえば、2011年から2015年のオリコンの年間シングルTOP5を見れば一目瞭然だ。2013年のEXILEと2015年のSKE48をのぞき、すべての年の1位から5位までをAKB48が独占するという異様な状態になっている。つまり、単純にCDの売上数を集計し、それをランキング化したオリコンチャートは、本当の流行歌を反映したものではなくなっている。ちなみに、この現象は「AKB商法」では片付けられないものだ。詳細は本書にあたってほしい。

そのオリコンとは別に独自のヒットチャートを打ち出しているのが、ビルボードである。彼らの発想はあくまでリスナー目線で、リスナーが音楽にどういう形で接触しているかを数値化したデータを多方面から集めてチャートを作成する。オリコンがCDの売上枚数一辺倒であるのに対して、ビルボードはそれに加えてラジオのオンエア回数、ダウンロード数、ツイッターでのアーティスト名・楽曲名のツイート回数、ルックアップ回数、YouTubeでのミュージックビデオ再生回数、ストリーミングサービス再生回数などを独自の係数で集計するといった具合だ。

断っておくが著者はオリコンが時代遅れだ、という主張をしているわけではない。むしろ売上枚数という一つの基準で徹底して正確な尺度で作られており、それがオリコンのヒットチャートの価値を担保していると述べている。

このように、ヒットチャートの話一つをとってみても、変わりゆく音楽マーケットの実情を知るには十分すぎるほどである。もう一度言う。これで800円(税抜)はどう考えても買いだ。