ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『観察力を磨く 名画読解』知覚の技法を学ぶ

観察力を磨く 名画読解

観察力を磨く 名画読解

 

美術書というよりビジネス書といったほうがいいかもしれない。アート作品の観賞を通じて、情報収集能力、思考力、判断力、伝達力、質問力を向上させようといった内容だ。もっと言うと、アート観賞を通じて、大きな概念を具体的事象と結びつけ、五感から入る情報を統合し、正確かつ客観的に他者に伝える方法(=知覚の技法)も学べてしまうという何とも魅力的な本である。

そもそも、なぜアートか。それはアートが「途方もない量の経験と情報の蓄積」であることに関係している。たとえば町中で人間観察をする場面を想像してほしい。目の前を通りすぎる人々が何者で、彼らの服装にどんな意味があって、どこへ向かっているのかに思いをめぐらせてみる。しかし通行人はやがて視界から消える。そのあと自分の推測が正しかったかどうかを確かめる術はない。

アートは逆だ。描かれた対象が誰(または何)で、いつの時代の、どこで起きた出来事で、なぜそのようなポーズをしているか答えは出ている。つまり自分の推測の答え合わせができる。したがって、アートは知覚の技法に必要な観察力、分析力、コミュニケーション力を学ぶのに最適な教材なのである。

本書の内容は、FBIやCIA、ニューヨーク市警、ロンドン警視庁、アメリカ陸海軍のほか、ジョンソン・エンド・ジョンソンHSBC銀行など大手企業の間でもセミナーで評判をよんでいるらしい。気になった方は是非本書を手にとってみてはいかがだろうか。