ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『盆栽 BONSAI 』美しい名品 一挙公開

盆栽の入門書である。文庫というコンパクトなサイズながら、盆栽の歴史、名木のカラー図版も豊富で、内容がとても充実している。

ところで、一般的に盆栽は老人の趣味としてイメージされているかもしれない。しかし個人的に以前から興味をもっていた。鉢の上という限られた空間で樹木を育て、時間をかけて一つの景色を創り出すところに特に魅力を感じる。

そんな盆栽だが、現在大きく2つのジャンルがあるらしい。「松柏盆栽(しょうはくぼんさい)」と「雑木盆栽(ぞうきぼんさい)」である。松柏とは、松や檜のような常用針葉樹の総称であり、雑木類にくらべて生命力が強いため、樹齢を重ねた古木が多く、盆栽界の中心となっている。一方、雑木は松柏とは異なり、その大部分が落葉樹系の樹木である。四季に応じて芽吹きや紅葉といった変化が楽しめる点が特徴だ。

上述のような初心者向けの説明ももちろん参考になるが、やはり本書のイチバンの魅力はなんといっても、歴史に残る松柏盆栽や雑木盆栽の名品をカラー図版でたっぷり紹介している点だろう。パラパラとページを繰るだけでも、盆栽の名品が次々と目に飛び込み、その美しさに思わずため息が漏れる(ちなみに全190ページ中、100ページ近くがカラー図版である)盆栽に興味がある人もない人も楽しめそうな一冊である。