ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『世界一やさしい 経済の教科書 1年生』経済ニュースが楽しくなる

経済入門系の本でダントツのわかりやすさです。「GDP」「需要と供給」「信用創造」「円高と円安」「インフレとデフレ」といった、おなじみの経済用語を著者独特のわかりやすさで、本質だけをシンプルに説明してくれています。

雑談的な内容にも興味を引かれました。たとえば、貨幣にまつわる章では「電子マネー」や「仮想通貨」を取り上げ、お金の未来を考察し、GDPや給料にまつわる章では「IoT(Internet of Things)」を取り上げ、今後のAI化やロボット化の影響を見越して雇用と労働の意義を読者に問いかける。また雑談ではありませんが、景気についての章では、景気動向の予測に日経新聞の「景気指標面」を活用せよとアドバイスし、同時に指標の見方や指標同士の関連づけ方を伝授してくれて、非常に読み応えがあります。

このように、経済についての最新トピックや、経済全般に対する理解力を高めるような具体的な方法を伝授している点が本書の大きな特徴です。初心者向けとはいえ、なかなか本格的な仕上がりになっていると思います。