読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える』人間拡張工学から目が離せない

スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える (NHK出版新書 480)

スーパーヒューマン誕生! ―人間はSFを超える (NHK出版新書 480)

 

スーパーヒューマン。怪力を持ち、空を飛び、光のような速さで走り、目から熱線を放射し、透視など驚異的な視力を持つ。人間が到底持ち得ない特殊な能力を持つアニメやSFだけに生きる空想上のキャラクター。そんなスーパーヒューマンが最新テクノロジーによって現実世界に登場する日がまもなくやってくる。いや、まもなくやってくるという表現は間違っているかもしれない。部分的な技術に限ると人間がスーパーヒューマン的な能力を一部獲得し、それを活用している事例はすでに数多く存在しているのだ。

たとえば、腰や脚部に装着することで重たい荷物の持ち運びをアシストするパワードスーツ、筋肉の電気信号や筋運動による皮膚表面の変化を読みとる従来タイプとは異なる電動義手、「グーグルグラス」や「アップルウォッチ」のようなウェアラブルコンピューター、ヘッドマウントディスプレイなどに代表されるVR技術などがイメージしやすいかもしれない。ちなみに近年これらが一気に進化を遂げたのは、センサーや信号処理技術の飛躍的向上によるところが大きいという。

このように、本書は人間を超える人間の姿、すなわちスーパーヒューマンへの進化を人間拡張工学によっていかに実現させていくかをテーマにしている。ちなみに人間拡張工学とは、人間にもともと備わっていた運動や感覚、知的処理機能をテクノロジーによって物理的、情報的に拡張していこうという研究領域を指している。

今後も情報技術、VR技術、機械技術、ネットワーク技術、すべてのテクノロジーは進化を続けるだろう。それらを総動員して人間拡張工学に応用したとき、どれくらい完全なスーパーヒューマンに人間は近づくことができるのか。人間拡張工学、要注目である。