読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『建築案内@東京』東京の今を感じれる場所

建築案内@東京

建築案内@東京

 

「東京の日常」を味わえる選りすぐりの場所を集めた本だ。とはいえ観光名所や一過性の話題スポットの寄せ集めではない。地元の生活者からも、観光客などの訪問者からも愛される彼らの「よりどころ」となるような場所。具体的には商業施設や都市公園、カフェやレストラン、ホテルやホステルがメインである。本書ではそれらを「パブリックプレイス」と呼んでいる。

一部を紹介しよう。東京ステーションシティ、大手町の森、東急プラザ銀座、CORED 日本橋アネックス広場、南池袋公園、浅草文化観光センター、代々木VILLAGE by kurkku、根津美術館CASCADE HARAJUKU、東京ガーデンテラス紀尾井町2k540 AKI-OKA ARTISAN、3331 Arts Chiyoda、マーチエキュート 神田万世橋、la kagu、虎ノ門ヒルズ二子玉川ライズ・・・・

書き出していくと一貫性がないようにも見えるが、冒頭で述べた本書のパブリックプレイスの定義に照らすと納得できるかもしれない。このように、いわゆる一般的な東京街歩き本とやや趣きが異なる点がとても面白い。また、案内一つひとつに設計者と運営者が添えられている点も嬉しい。たとえば東京ステーションシティなら設計者がジェイアール東日本建築設計事務所日建設計、運営者が東日本旅客鉄道といった具合だ。この辺は本書の発行元が日経BP社、編集が日経アーキテクチュアならではという気がした。