ざっくりノンフィクション

個人的おすすめ本をざっくり紹介。ノンフィクション中心。

『テレビでは言えない大相撲観戦の極意』向正面の舞の海さん、教えてください!

現役時代は「技のデパート」と呼ばれ、現在はNHK大相撲中継でおなじみの舞の海秀平氏による相撲観戦ガイドです。

そもそも相撲のルールはいたって単純。土俵を割るか、足の裏が地面につくかで勝敗が決まります。そんな大相撲ですが、普段あなたが相撲のテレビ中継を見たとき、ふと気になったこと、わからない用語、意味不明なしきたりを見聞きすることも案外多いのではないでしょうか。そんなときは是非本書を手にとってください。

たとえばテレビでよく聞く相撲用語。「かいなが返る」「がっぷり四つ」「がぶる」「左四つ」「右四つ」「かっぱじく」などがあります。本書の「がっぷり四つ」の説明では、舞の海さんいわく、「両者ががっちりと組み合い、互いのまわしを取ることを言います。(中略)がっぷり四つの状態では、相手を引きつける力が強かったり、相手の下手や上手を切る技術が優れている力士のほうが次の展開へ優位に運べます。ちなみに、私は体が小さく、パワーで勝負するタイプではなかったので、現役時代にがっぷり四つで組んだ経験は一度もありません」というように、本人のエピソードも交えてくれるので、こちらの理解が一段と進みます。

ちょっと変わったところでは力士の懐事情も紹介しています。力士は十両以上の関取にならない限り月給は出ないそうです。幕下以下は「養成員場所手当」が場所ごとに支払われ、幕下は15万円、三段目は10万円、序二段は8万円、序ノ口は7万円とのこと。ちなみに関取になると、十両は103万6千円、平幕は130万9千円、三役が169万3千円、大関が234万7千円、横綱が282万円。このように番付と連動して月給は上昇していきます。

他にも興味深いトピックが数多く展開されています。一部抜粋すると、「日本人力士の有望株は誰か?」「しこ名は期待値を表す?」「知っていて得する相撲用語」「知られざる相撲部屋の系譜」「白鵬は親方になれない!?」「八百長相撲と人情相撲は違うのか」「懸賞は誰でもかけられるのか」などなど、見出しだけで興味をそそられます。